home > 機密文書の処理 >記憶媒体処理
 
 記憶媒体処理
 

高度情報化社会といわれる今日、DVD・CD・FDといった大容量記憶媒体はオフィスでも家庭でも欠かせない存在となっています。それとともに記録されている機密情報や個人情報を守る責任が、扱う人全てにかかってきています。
しかし、これまで材質の問題から、これらの媒体は、完全に安全な処理をすることが困難でした。

カネシロでは、これに対応するため、特殊細断シュレッダを導入し、
DVD・CD・MO・ZIP・FD・4mmDDSカートリッジ(DATテープ)などを、確実に細断し、完全にデータを破棄できる体制をつくりました。
記憶媒体の細断イメージ
  (細断イメージ)

シュレッダ上部パネル
シュレッダ全体写真
(写真はインティムスシュレッダIS-600MM/シュライヒャ−社)
持ち込まれた機密文書の処理は、安全性の高いシュレッドルームにおいて、積み下ろしから細断・プレスまでの作業を一貫して行います。
* 機密文書の処理に
  ついて
* 出張細断サービス
* シュレッドルーム
* セキュリティ
* 記憶媒体処理
* パピルスネットワーク


   
〒791-0054 愛媛県松山市空港通5丁目7-2  株式会社 カネシロ
*FAX : 089-973-9700  *E-mail : eco-pori@kaneshiro.info  
Copyright(C) 2005 KANESHIRO Co.,LTD. All rights reserved.